車売却 手続き|探していたところ

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

ところが、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。家の近くの車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。私は半年前にその車を購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、半年間で約50万も財産が目減りしたことになります。これは満足いくわけもないので、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。その結果、26万円で買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売ってしまうことになった可能性があったのですから助かりました。

そのまま買い取ってもらうつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような段取りはされていませんでした。その為、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

車売却 手続き|複数の業者に査定してもらう理由は

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を乗換のため売却しようと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す予定でしたが、期待していた査定額にはならず、買い取り業者と比べると15万円も安い金額になっていました。

それまで下取りしか利用していませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用してみて、その価格差に驚いたものです。結局ディーラーへの下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に売ることにしたのです。クルマの一括査定サイトなどで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万から76万まで金額がバラバラでした。一番高値の専門業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトでは2-3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてありました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際のクルマをみてもらうことで、本当の査定額が判ります。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく決定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

出張査定の時間は1時間程度と言われたので、土日に集中的に査定をお願いしました。査定の結果、ネットで表示された査定額2位の業者が1位の査定額を抜いて、最高の査定額を出してくれました。比較サイトでは70万未満の価格でしたが、76万円の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.