車売却 方法|その後もう1社の方が査定に来ましたが

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、平均的な走行距離です。買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。でも素人には今の車の買い取り相場が分からないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

車売却 方法|それでも44万円目減りしたことには

今回売ったクルマなのですが昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツカーに乗ってみたいと思いましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で手放したくなりました。近くにある車買い取りショップに出張査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万とのことです。私はこの車を半年前に総額70万で買いました。単純計算では、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定してもらったのです。査定見積もりしてもらった結果は、26万円となり引き取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、複数社に査定してもらわなければ、6万円損した感じで売却するはめになっていたかもしれないのですから助かります。そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。次の車を買い取ってもらうときには、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.