車売却 税金|最近の流行は低燃費車ですから

長年乗り続けた愛車を、車検のまえに売却することになりました。なんとなくですが、新車の匂いが懐かしいそんな思いが沸きあがってきたからです。

これまでに比べて、最近の流行は低燃費車ですからガソリン代も節約できてOKです。売る車は高額で引き取って欲しい、心の中でそう考えていたものですから、評判の買い取り業者を調べてみました。すると一括査定サイトを使って、クルマを売却している方の多くが、そこで参考になった査定額で納得されているようなんです。

現在までは、近くの1社に、買い取り査定をしてもらうというの標準的だと思っていました。でもそれだと、伝えられた査定価格が適正と言えるのかどうか、車業界にいない私には判断できません。比較サイトを活用した場合、その中の業者で高めの金額を提示してくれたショップにクルマの売却をお願いできるというメリットがあるのです。それで私もやってみようと、車種やグレードなど必要事項を入力して一括査定をお願いしたところ、愕然とするような査定額がつけられたので、ビックリするしかありません。すぐ連絡したら出張してくれたので尋ねてみたところ、簡単査定で表示された額とほぼ同じくらいで売ることができました。比較サイトを活用していなかったら、そう考えただけでも冷や汗が出るくらいです。

私の場合ですが、想像していなかった金額で買い取りしてもらえたので満足です。いきなり売却するのには、決心がつかないという方もおられるでしょうから、まずは車買い取り相場を調べる感じでやってみましょう。

車売却 税金|クルマの買い取り査定は

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ですが素人には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力し送信していました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと撤退されてしまいました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.