車買い取りアップル|こういった現実を知った以上下取りは

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを売却しようと考えていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万円位安い見積もりになるところでした。

今まで買い取り業者とかは利用していませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その価格差に驚いたものです。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、買い取り専門業者に売却する話となりました。

車買い取りサイトで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、30万から76万まで金額がバラバラでした。当初は最高額の業者さんに売ることを考えましたが、このサイトには少なくとも3社とは立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてあったと思います。

3社に見積もりを出す理由は、実際に観てもらうことて、確定の査定額がわかるからだそうです。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく決定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。

売却手続きまで含めて1時間もあればとのことでしたから、土日など休みの日に査定してもらいました。出張してもらっての査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者を逆転して、最高の査定額を出してきました。比較サイトでは70万未満の査定金額だったのですが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、78万円まで増額してくれたのです。

車買い取りアップル|とはいえ40万円以上目減りしたことに

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探していたところ、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。

ですが、喜びもつかの間、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年で手放すことになりました。近くにある中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。これを計算すると、半年間で約50万も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で売ることになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く感じではありませんでした。そのため、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.