車買い取りマーチ|うちではその額は難しいと

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2つの業者にお願いし、出張査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ですが私には乗っている車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。始めに来た業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、色々と入力し送信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その直後に最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

車買い取りマーチ|誰が使っているのか知りたいです

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で買い取って貰えました。相場よりもかなり高額で売れたのです。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。他の情報では、みんなが知っているクルマや人気の車が高値で買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

日本のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産の車ですが、もしかして海外で使われるのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても利用されるのであればうれしいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーを妄想する楽しさもあります。可能なら誰が使っているのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときには複数の車を売りたいとする次のオーナーもいて、欲しいと不要がバランスよくなっているんだなと思いました。

この日本において、これからも上質な車が必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.