車買い取り 中古車|それをスタッフさんに伝えると

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私にはこの車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、いろいろな項目に入力し送信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車買い取り 中古車|平和な日本ではこれからも上質な車が

珍しい車を買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買ってもらえました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。それは海外に向けての話のようでした。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界一と信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、この車も外国で使ってもらえるのかもと思うとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても活かされるのなら嬉しいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや新たなオーナーをイメージする楽しさがありますね。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ可愛がっていた車なのです。車を売り渡すときには中古車を購入したいと思っている人がいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんでしょうね。

平和な日本では、これからも上質な車が求める方々に譲られて行くでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.