車買い取り 比較|目標だったので買い取り業者にだけ

今まで使わせてもらった車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく台数をへらして経費の節約を図るというのが目標だったので、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。でも素人にはこの車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していって送信していました。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

車買い取り 比較|立会で見積もりをしてもらったほうがいいと

お気に入りの車種の新モデルと同時に、今のクルマを売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取ってもらう予定でしたが、思いのほか安かったし、買取専門店と比較すると15万円位安い見積もりになっています。

それまで下取りしか利用していませんでしたが、初めて査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。こういった現実を知った以上下取りは止めることにして、買い取り専門業者に売却しました。

クルマの一括査定サイトなどで差を見てみたところ、査定額にものすごい差がありました。7社に査定してもらいましたが、30万円~76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトを参照すると少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていたのです。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、確定の査定額が判ります。ネット上で判る査定額は、参考的なものであり決定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。

売却手続きまで含めて約1時間と聞かされていましたので、休日にまとめて査定を受けることにしました。査定見積もりの結果、サイトで見た査定額2位のお店が1位の業者さんを追い抜いて、最高の査定額を出してきました。サイト内では70万を下回る金額でしたが、それよりも高い査定の業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.