車買取り|6万の差が生まれるようです

売却した車は少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思ってましたが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで手放すことになりました。近くにある車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、約50万円を半年で失ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り専門店に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万の差が生まれるようです。しかし44万円のマイナスには違いないですし、2社で査定しなかったら、6万円低い額で手放すことになった可能性があったのですから助かります。

この状態で持っていくつもりでしたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような感じではありませんでした。そのため、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

車買取り|

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.