車買取ラビット|車買い取り業者に

お気に入りの車種の新モデルと同時に、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車買い取り業者と比較しても15万くらい安くなっていたのです。

今まで買い取り業者とかは利用したことがありませんが、初めて査定比較サイトを利用して見たところ、その金額差におどろきました。結局ディーラーへの下取りはしないことにして、車買い取り業者に売ることにしたのです。

クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万円~76万円まで色々な評価があることがわかりました。当初は最高額の業者さんに売ることを考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてあったと思います。

3社で相見積もりを取る理由は、実際のクルマをみてもらうことで、はっきりした査定額がわかるからだそうです。サイトでの評価額は判りますが、参考的なものであり決定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、お出でいただいたのです。

査定から売却手続きまでは1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。査定見積もりの結果、ネット査定額2位だった業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高の査定額を出してきました。ネットでは70万を超えない金額だったのですが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

車買取ラビット|クルマを売ってしまうときは

珍しいクルマを売りに出したら、想像以上の価格で買ってもらえました。思っていたよりもかなり高値で買い取って貰えたのです。売れているクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページの情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、馴染みの深い車や人気の車種が高く買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣も影響しているのでしょう。私が思うに、日本の中古車は世界一と思っています。今回売却したクルマも国産車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。もしも可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。もしかすると海外かもしれず、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時には中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.