車買取王|色々と入力しデータ通信されていました

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2つの業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信されていました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると社長に聞いてみるので帰ってから返事をするとのことです。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車買取王|飽きてきたわけではありませんが

長年連れ添ってきた車を、車検のまえに手放すことになりました。飽きてきたわけではありませんが、新しいパートナーがほしいといった思いが湧いてきたのです。以前とは違い、低燃費の車種が多くなってきておりガソリン代の節約にもなります。売る車は高額で引き取って欲しい、そんな思いでいましたから、評判の買い取り業者を調べてみました。すると買い取り比較できるサイトを活用した後で、クルマを買取ってもらった方の多くが、そこで参考になった査定額で満足しているみたいです。これまでならば、近くの1社に、査定してもらうケースというのが一般的でした。でもそうなると、提示された査定金額そのものが相場と比べてどうなのか、素人である私達には判断が出来ません。比較サイトを活用した場合、その中の業者で最も高い金額をつけてくれた業者に売る手配ができるといった効果があるのです。

それで私もやってみようと、車種や年式や色などを入力して一括査定をお願いしたところ、愕然とするような高額査定だったので、ビックリするしかありません。直ちに連絡して出張してもらって尋ねてみたところ、クイック査定で表示された金額と殆ど変わらない金額で売却できました。ネットで査定をしていなければ、そう考えるだけで恐ろしくなりました。

私の場合ですが、思いもよらぬ高額で買い取って頂けたので大満足です。いきなり売却するのには、抵抗感がある方も多いと思いますので、まずはクルマの相場を調べてみるような気持ちでやってみると良いでしょう。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.